平成19年度採択実験一覧


(1)大型スペースチェンバーを用いた共同利用研究

太陽電池パネルの帯電・放電現象豊田 裕之(ISAS/JAXA)
電離圏プラズマ生成のためのLaB6フィラメントプラズマ源の開発下山 学(ISAS/JAXA)
非等方性観測のための二次元超熱的電子エネルギー分布測定器の開発下山 学(ISAS/JAXA)
Sounding Rocket-7搭載用イオン測定器の試験南 繁行(大阪市大)
S-520-23号機搭載用FLPの較正実験阿部 琢美(ISAS/JAXA)
プラズマ中における飛翔体搭載電場観測装置の特性測定笠羽 康正(ISAS/JAXA)
高電圧太陽電池パネルと宇宙プラズマとの相互作用に関する研究田中 孝治(ISAS/JAXA)
位相検出器インピーダンス・プローブの開発研究小野 高幸(東北大)
S520-23号機搭載用PWMのプラズマ内動作確認試験小野 高幸(東北大)
磁気プラズマセイルのシミュレーション実験船木 一幸(ISAS/JAXA)
太陽電池パネル電荷収集量定量評価及びプラズマ伝搬速度計測仁田 工美(JAXA/IAT)
磁力線からのプラズマ離脱現象安藤 晃(東北大)
(追加採択)
S-310-38号機搭載NEIのプラズマ内動作確認試験小野 高幸(東北大)
S-310-38号機搭載用FLPの較正実験阿部 琢美(ISAS/JAXA)

(2)中型・小型スペースチェンバーの用いた共同研究

宇宙環境計測システムの開発三宅 弘晃(JAXA/IAT)
ダストプラズマ装置を用いたプラズマ結晶の観測石原 修(横国大)
S-520-23号機搭載用FLP用ガラス封じプローブの製作阿部 琢美(ISAS/JAXA)
磁小磁場とrf進行波加速によるイオンエンジンの検討上原 和也(原研)
実空間におけるビ―ムの自己捕捉現象と位空間ホールの発展 谷川 隆夫(東海大)
高密度へリコン・プラズマ源を使用する低域混成波キャビトンによる粒子加速現象の研究谷川 隆夫(東海大)
外部ポロイダル磁場による球状プラズマの研究定本 嘉郎(上越教育大)
ヘリコン波プラズマ生成と宇宙プラズマ中の電磁波動現象のシミュレーション篠原 俊二郎(九大)
微粒子ジェット近傍におけるプラズマおよび微粒子の挙動齋藤 和史(宇都宮大)

(3)超高速衝突実験装置を用いた共同利用研究

高速粒子の衝突によるピエゾ素子からの電磁界放射に関する研究南 繁行(大阪市大)
宇宙機のデブリ衝突による電気的および機械的影響に関する研究松本 晴久(JAXA)
レールガンを用いた飛翔体プローブの基礎実験U上原 和也(原研)
DES型レールガンの開発矢守 章(八戸高専)
極低密度エアロゲルの高速固体微粒子の捕集性能の評価河合 秀幸(千葉大)
高速度カメラ画像によるエアロジェル貫入トラック形成メカニズムの考察奥平 恭子(ISAS/JAXA)
小惑星模擬多孔質標的の衝突破壊強度の研究中村 昭子(神戸大)
多孔質衝突体による衝突閃光 柳澤 正久(電通大)
薄膜構造物へのデブリ衝撃の研究佐々木 進(ISAS/JAXA)
熱ルミネッセンス法による鉱物・岩石の衝撃変成の研究蜷川 清隆(岡山理科大)
耐スペースデブリ用複合材料の防御性能に関する研究新井 和吉(法政大)
石膏に対する斜め衝突クレーター形成実験と破片速度の計測小野瀬 直美(ISAS/JAXA)
小惑星族形成の放出速度と衝突を模擬した実験的研究道上 達広(福島高専)
PLANET−C用セラミックスラスタの耐メテオロイド衝撃性の研究佐藤 英一(ISAS/JAXA)
超高速衝突によるマイクロ波発生高野 忠(ISAS/JAXA)
エアロジェルを用いた超高速固体微粒子捕集・検出器の開発矢野 創(ISAS/JAXA)
小型低密度小惑星における特徴地形の衝突起源の研究矢野 創(ISAS/JAXA)
イトカワの形状の起源を探る実験―円柱体への衝突藤原 顕(ISAS/JAXA)
鉱物、有機物、微生物の高速衝突による変性の研究山岸 明彦(東京薬科大)
模擬星間物質の衝突による変成小林 憲正(横国大)
レールガン衝突による炭素クラスターの合成三重野 哲(静岡大)
活性化有機物・金属の衝突変成作用の研究三浦 保範(山口大)

(4)その他

水星探査衛星(Bepi Colombo)搭載用粒子計測器の開発横田 勝一郎(ISAS/JAXA)
SCOPE衛星搭載用波動・粒子相関器の開発上田 義勝(京都大)
中エネルギー帯プラズマ粒子分析器の開発浅村 和史(ISAS/JAXA)
太陽風・月面間の相互作用を模擬したスパッタリングイオン測定実験斎藤 義文(ISAS/JAXA)
米国の磁気圏衛星MMS搭載低エネルギーイオン観測装置FPI−DISの開発斎藤 義文(ISAS/JAXA)