惑星大気・電離圏研究グループ 研究紹介

将来計画


2007年に金星大気探査用の探査機を金星に送る計画が政府で承認されました。これについて学生にやってもらいたいことは、宣伝用のパンフレットを作ったり、外国の金星探査計画をまとめたり、外国の宇宙開発予算を調べたりして、'世界の金星探査計画の現状と将来'としてまとめることです。このようなまとめ方をすることによって、これまでの研究テーマと毛色が違いますが、多くのことを総合的に学べるでしょう。

研究紹介トップに戻る

表紙に戻る