火星・金星の電離圏からは大量の大気およびプラズマが流出していることが、過去に行われた探査機による観測で報告されている。これらの現象と、地球電離圏からのプラズマ流出との類似点、相違点を取り上げ、比較惑星学の立場から惑星大気の進化に対する大気・プラズマの散逸現象が与える影響について研究を行っている。