「あけぼの」によって測定されたプラズマ圏の電子温度においては、磁気嵐時に極めてダイナミックな変動が観測される。こうした短時間の温度変動は外的要因に関連したプラズマ圏の加熱を意味しており、そのエネルギー源やエネルギーの供給過程についての研究が行われている。