学会、シンポジウム等における講演(国内)

 

 

1.阿部琢美、小山孝一郎、平尾邦雄、400km900km高度における電子温度の非等方性について、第79回日本地球電気磁気学会講演予稿集、321986.

 

2. K. Oyama, T. Abe and K. Hirao, Frequency spectrum analysis of solar wind parameters,宇宙科学研究所月惑星シンポジウム、32, 1986.

 

3.阿部琢美、小山孝一郎、平尾邦雄、太陽風パラメータのスペクトル解析、第80回日本地球電気磁気学会講演予稿集、331986

 

4.小山孝一郎、阿部琢美、平尾邦雄、電子温度の非等方性、宇宙科学研究所宇宙観測シンポジウム、30, 1986.

 

5.小山孝一郎、阿部琢美、平尾邦雄、``さきがけ"による太陽風のふるまいとハレー彗星の尾の関係、宇宙科学研究所宇宙観測シンポジウム、30, 1986.

 

6.阿部琢美、小山孝一郎、平尾邦雄、奥沢隆志、「さきがけ」SOWによる彗星起源イオンの検出、第81回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、2, 1987.

 

7.阿部琢美、小山孝一郎、Rotational effect on the visual brightness of comet P/Halley、第82回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、p-45, 1987.

 

8.阿部琢美、小山孝一郎、清水、渡部重十、非等方的な熱的電子エネルギー分布の角度依存性、第83回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、II-52, 1988.

 

9.渡部重十、小山孝一郎、阿部琢美、伊藤富造、トラフ領域における電子温度の分布−おおぞら衛星による観測−、第83回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、II-55, 1988.

 

10.三宅亘、小林、小山孝一郎、向井利典、阿部琢美、寺沢敏夫、湯元清文、斉藤尚生、平尾邦雄、LazarusJohnstoneMulti-spacecraft observations of heliographic structure in the solar wind、第83回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、III-19, 1988.

 

11.阿部琢美、小山孝一郎、渡部重十、寺沢敏夫、奥沢隆志、太陽風イオンの低エネルギー成分、第84回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、I-52, 1988.

 

12.渡部重十、小山孝一郎、阿部琢美、電離層電子のエネルギー分布非等方性、第84回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、II-35, 1988.

 

13.小山孝一郎、渡部重十、阿部琢美Electron temperature measurement - preliminary result of the coordinated rocket experiment carried out with sounding rocket K-9M-81 and S-310-18、第84回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、p-25, 1988.

 

14.阿部琢美、小山孝一郎、渡部重十、雨宮宏、奥沢隆志、EXOS-D TEDによる電子エネルギー分布の観測、第85回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、II-33, 1989.

 

15.小山孝一郎、原裕樹、阿部琢美、渡部重十、雨宮宏、奥沢隆志、K-9M-81/S-310-18号機によるE層熱エネルギー収支に関する総合実験(電子温度の結果)、第85回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、I-36, 1989.

 

16.阿部琢美、小山孝一郎、渡部重十、雨宮宏、奥沢隆志、Anisotropic energy distribution of thermal electrons in the top-side ionosphere、第86回地球電磁気・地球惑星圏学会講演予稿集、13a-II-2, 1989.

 

17.阿部琢美、小山孝一郎、福西浩、藤井良一、奥澤隆志、あけぼの衛星による沿磁力線電流中の熱的電子エネルギー分布の観測、第87回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, G12-02, 1990.

 

18.阿部琢美、相沢宏行、小山孝一郎、渡部重十、福西浩、奥澤隆志、沿磁力線電流域での電子温度変化、第88回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集、1990.

 

19.阿部琢美、渡部重十、小山孝一郎、奥澤隆志沿磁力線電流域における熱的電子の加熱、第89回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集、1991.

 

20.阿部琢美, B.A. Whalen, A.W. Yau,渡部重十, The altitude, latitude and local time distribution of the polar wind by Akebono/SMS observation、第91回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, 1992.

 

21.阿部琢美, B.A. Whalen, A.W. Yau,渡部重十、小山孝一郎, Altitude profile of the polar wind velocity and its relationship to ionospheric conditions,92回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, 1992.

 

22.橋本修、阿部琢美λ/4型ミリ波電波吸収体の広帯域化に関する検討、電子情報通信学会春季大会講演論文集、B-205, 1993.

 

23.阿部琢美、渡部重十, B. A. Whalen, A.W. Yau,佐川永一、小山孝一郎, Polar windの高度profileと電子温度、第94回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, B11-P2-24, 1993.

 

24.阿部琢美、渡部重十、B.A. Whalen, A.W. Yau,佐川永一、小山孝一郎、ポーラーウインド領域での熱的電子・イオンの観測、極地研究所電離圏磁気圏シンポジウム、1993.

 

25. T. Abe, S. Watanabe, Significance of thermal plasma constituents in the top-side polar ionosphere,95回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, J12-01, 1994

 

26.坂出保雄、阿部琢美、小山孝一郎、奥沢隆志、Y. Choi, I. Kutiev、プラズマ圏における電子温度分布、第95回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, J11-Q5, 1994

 

27.渡部重十、阿部琢美、佐川永一, B.A. Whalen, A.W. YauEXOS-D/SMSによって観測されたカスプ領域でのイオン加熱、第95回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, J12-Q11, 1994

 

28.橋本修、阿部琢美、佐竹竜児、2層抵抗皮膜型ミリ波電波吸収体の広角度化について、電子情報通信学会春季大会講演論文集、B-314, 1994.

 

29.橋本修、阿部琢美、橋本康雄、多層型ミリ波用電波吸収体の広帯域化に関する研究、電子情報通信学会春季大会講演論文集、B-317, 1994.

 

30.橋本修、土田航、阿部琢美、レンジドップラーイメージング法を用いた一般的な室内における物体からの反射特性に関する一考察、電子情報通信学会春季大会講演論文集、C-206, 1994.

 

31.橋本修、阿部琢美、金子美貴、抵抗皮膜型ミリ波電波吸収体に関する実用的な設計チャート、電子情報通信学会秋季大会講演論文集、B-251, 1994.

 

32.阿部琢美B.A. Whalen, A.W. Yau,渡部重十、佐川永一 , Intrinsic problem to the acceleration mechanism of the polar wind,97回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, D12-02, 1995.

 

33.広瀬智之、小山孝一郎、阿部琢美、蘇元智、金子聡、内部プラズマ圏における電子温度の季節、太陽活動度依存性、第97回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, I31-10, 1995.

 

34.小山孝一郎、阿部琢美、蘇元智、広瀬智之、森崇、内部磁気圏の電子温度構造、第97回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, I31-11, 1995.

 

35.渡部重十、阿部琢美、佐川永一、B.A. Whalen, A.W. Yau,極域電離圏上部におけるO+の加熱と磁気圏への流出、第97回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, I31-12, 1995.

 

36. N. Balan, K.I. Oyama, T. Abe, G. Bailey, C. SheffieldPlasmaspheric temperature studies using satellite observations and mathematical modelling、第98回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, A21-01, 1995.

 

37.森崇、阿部琢美、小山孝一郎、N.Balan、あけぼの衛星によるプラズマ圏トラフ領域電子温度観測、第98回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, A21-02, 1995.

 

38.阿部琢美D.J. Knudsen, B.A. Whalen, A.W. Yau、渡部重十、佐川永一、あけぼの衛星とレーダーによる極域イオンフローの同時観測、第98回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, A21-06, 1995.

 

39.渡部重十、坂野井健、福西浩、阿部琢美、佐川永一, B.A. Whalen, A.W. Yau、極域電離圏上部におけるイオンの加熱と運動、第98回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, B41-01, 1995.

 

40.細田智久、笠原禎也、木村磐根、向井利典、渡部重十、阿部琢美、他、あけぼの衛星とFreja衛星で観測されたVLF/ELF波動とイオンコニックスとの関連、第98回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, A41-11, 1995.

 

41.阿部琢美、橋本修、FDTD法による空洞共振器を用いた誘電率測定に関する検討、電子情報通信学会春季大会講演論文集、B-307, 1995.

 

42.阿部琢美、橋本修、FDTD法による空洞共振器を用いた誘電率測定に関する検討 (2)、電子情報通信学会秋季大会講演論文集、C-109, 1995.

 

43.橋本修、池田宏一、阿部琢美FDTD法による導波管定在波法を用いた誘電率測定に関する一考察、電子情報通信学会秋季大会講演論文集、B-175, 1995.

 

44.奥田 敬、小山孝一郎、阿部琢美N. Balan、内部プラズマ圏の朝方の電子温度のふるまい、第99回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, D12-17, 1996.

 

45.渡部重十、阿部琢美、佐川永一、B.A. WhalenA.W. Yau、福西浩、EXOS-D/SMSによるイオン観測とコンピュータシミュレーションの比較、第99回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, D12-25, 1996.

 

46.森崇、阿部琢美、小山孝一郎、N. Balan、あけぼの衛星によるプラズマ圏トラフ領域の電子温度観測、第99回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, J21-06, 1996.

 

47.阿部琢美A.W. Yau、渡部重十、佐川永一、ポーラーウインド領域でのイオンの加速について、第100回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, A12-09, 1996.

 

48.渡部重十、阿部琢美、佐川永一、他、あけぼの衛星による極域電離圏イオン加熱の観測、第100回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, A12-10, 1996.

 

49.阿部琢美、橋本修、船越一就、高橋毅、三浦太郎、FDTD法による空洞共振器を用いた非破壊誘電率測定に関する検討、電子情報通信学会春季大会講演論文集、C-159, 1996.

 

50.阿部琢美、船越一就、西澤振一郎、橋本修、FDTD法によるTE102モード矩型共振器を用いた透磁率測定に関する基礎的検討、電子情報通信学会春季大会講演論文集、B-281, 1996.

 

51.犬丸忠義、橋本修、阿部琢美FDTD法によるTE101モード矩型共振器のQ値の計算、電子情報通信学会春季大会講演論文集、C-155, 1996.

 

52.阿部琢美、橋本修、高橋毅、三浦太郎、矩型空洞共振器を用いた非破壊誘電率測定に関する理論的実験的検討、電子情報通信学会春季大会講演論文集, SC-2-8, 1997.

 

53.渡部重十、阿部琢美、他、あけぼの衛星−EISCATによる極域電離圏イオン加熱と流出の観測、第101回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, J11-P15, 1997.

 

54.阿部琢美、橋本修、鈴木秀俊、電波吸収体の評価における測定試料の大きさによる影響、電子情報通信学会秋季大会講演論文集, B-4-41, 1997.

 

55.阿部琢美、小山孝一郎、電離層電子温度の長期変化、第102回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, B12-07, 1997.

 

56.渡部重十、吉田直文、勝山公人、福西浩、阿部琢美、他、EXOS-D/SMS-EISCATによる極域電離圏イオン加熱と流出の観測、102回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集, B31-09, 1997.

 

57.橋本修、阿部琢美、X帯用抵抗皮膜透明電波吸収体に関する研究、電子情報通信学会春季大会、19983.

 

58.橋本修、花澤理宏、阿部琢美、広帯域性を有する抵抗皮膜多層透明電波吸収体、電子情報通信学会春季大会講演論文集、 19983.

 

59.阿部琢美D.J. KnudsenA.W. Yau、渡部重十、佐川永一、On the altitude profile of the polar wind velocity、第104回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集、A12-081998.

 

60.吉村玲子、阿部琢美、今村剛、小山孝一郎、観測ロケットS-310-27号機搭載ラングミュアプローブによる電子温度及び密度測定の解析結果、第104回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集、C22-P2411998.

 

61.山本保、阿部琢美、小山孝一郎、内部プラズマ圏への熱入力の評価、第104回地球電磁気地球惑星圏学会講演予稿集、A12-P1251998.

 

62.阿部琢美、小山孝一郎、電離圏プラズマ圏における温度構造とその長周期変化、名古屋大学太陽地球環境研究所、「シミュレーション/モデリング研究会」、1998.

 

63.山本保、阿部琢美、小山孝一郎: 内部プラズマ圏熱構造の解明、地球惑星科学関連学会合同大会講演会予稿集、Ee-025, 1999.

 

64.阿部琢美Andrew Yau:あけぼの衛星から見たCleft Ion Fountain、地球惑星科学関連学会合同大会講演会予稿集、Ed-002, 1999.

 

65.吉村玲子、阿部琢美、今村剛、小山孝一郎:電離圏下部における観測とスポラディックE層内熱収支について、地球惑星科学関連学会合同大会講演会予稿集、Ed-018, 1999.

 

66.下山学、小山孝一郎、阿部琢美:惑星電離圏・熱圏(冷圏)のプラズマ・中性風測定器開発に関する理論的考察、第106回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会予稿集、C22-P131, 1999.

 

67.阿部琢美、渡部重十、A.W. Yau、佐川永一: Ion outflow in the polar ionosphere -comparison with dynamic equilibrium model-、第106回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会予稿集、B41-02, 1999.

 

68.山田学、渡部重十、阿部琢美、佐川永一、A.W. Yau:あけぼの衛星/SMSによって観測された極域イオン加熱・流出の出現特性、第106回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会予稿集、B41-P036, 1999.

 

69.山本保、阿部琢美、小山孝一郎:地球プラズマ圏の熱エネルギー収支の研究、第106回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会予稿集、B41-P037, 1999.

 

70.阿部琢美、極域電離圏ion upflowoutflowに関する一考察、地球惑星科学関連学会合同大会、2000.

 

71.山田学、渡部重十、阿部琢美、極域電離圏におけるN2+の密度分布とアウトフローについて、地球惑星科学関連学会合同大会、2000.

 

72.山本保、阿部琢美、小山孝一郎、地球プラズマ圏の電子温度分布の把握及び熱構造の理解、地球惑星科学関連学会合同大会講演会予稿集、Ea-034, 2000.

 

73.野口克行、阿部琢美、今村剛、金星火星夜側電離圏の問題、地球惑星科学関連学会合同大会講演会予稿集、Pd-P004, 2000.

 

74.下山学、小山孝一郎、阿部琢美、金星熱圏中性風測定の必要性、地球惑星科学関連学会合同大会講演会予稿集、Pd-P007, 2000.

 

75.小山孝一郎、阿部琢美、今村剛、中村正人、金星探査計画の概要、宇宙科学研究所太陽系科学シンポジウム、2000.

 

76.阿部琢美、金星大気研究WG、金星大気探査計画(2)上層大気、宇宙科学研究所太陽系科学シンポジウム、2000.

 

77.中村正人、阿部琢美、金星探査計画−概要、宇宙科学研究所第1回宇宙科学シンポジウム、2001.

 

78.阿部琢美、町田忍、渡部重十、惑星大気の散逸 -金星探査計画で目指す上層大気のサイエンス-、名大STE研・東北大学惑星圏研究会合同ワークショップ、2001年3月.

 

79.阿部琢美、他金星探査計画WG、金星大気探査計画(2)、宇宙科学研究所大気圏シンポジウム、P-19, 2001.

 

80.阿部琢美、金星探査計画WG、 惑星大気散逸の科学−金星探査計画が目指す上層大気・プラズマの観測−、 地球惑星科学関連学会2001年合同大会:、東京、 Aa-011、2001.

 

81.今川隆司、阿部琢美、小山孝一郎、磁気嵐時のプラズマ圏電子温度変動について、地球惑星科学関連学会2001年合同大会、 東京、Er-009、2001.

 

82.市川洋一、阿部琢美、小山孝一郎、あけぼの衛星が観測した極冠域電離圏高密度プラズマ、地球惑星科学関連学会2001年合同大会、東京、Eu-010、2001.

 

83.中村正人、小山孝一郎、今村剛、阿部琢美、中谷一郎、山川宏、橋本樹明、金星ミッションの現状、第2回宇宙科学シンポジウム、相模原、8、2001.

 

84.山田学、渡部重十、阿部琢美、佐川永一、極域電離圏分子イオン上昇気流の供給源に関する研究、第110回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会、福岡、C11-P97、2001.

 

85.T. Abe, Y. Ichikawa, A. W. Yau、Dynamic Features of the Polar Ionosphere and Its Relation to the External Conditions、第110回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会、福岡、A22-08、2001.

 

86.阿部琢美、小山孝一郎、A. W. Yau、金星探査計画で目指す電離圏プラズマ観測、惑星科学会秋季講演会、岡山、2001.

 

87.阿部琢美、金星熱圏・電離圏の粒子密度非対称性について、東北大学惑星圏研究会、仙台、2001.

88.日比野和基,阿部琢美,小山孝一郎: S-310-31号機に搭載されたラングミューアプローブによるプラズマ観測::-地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉:(2003).

 

89.中村正人,阿部琢美,今村剛: 日本における金星ミッションの現状::-地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉:(2003).

 

90.阿部琢美,今村剛,中村正人,金星探査計画ワーキンググループ: Exploration of Venus ionosphere and upper atmosphere by Japanese Venus orbiter::-地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉:(2003).

 

91.山崎敦,吉川一朗,寺田直樹,金尾美穂,阿部琢美中村正人: 極端紫外光による金星電離圏の撮像観測の可能性:K−H不安定性による渦構造の観測::-地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉:(2003).

 

92.金尾美穂,寺田直樹,山崎敦,吉川一朗,阿部琢美,中村正人: 金星電離圏におけるKH不安定による波構造についての研究〜PVOからの解析::-地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉:(2003).

 

93.金尾美穂,寺田直樹,山崎敦,吉川一朗,阿部琢美,中村正人: 金星電離圏におけるKH不安定による波構造についての研究〜Pioneer Venus Orbiterからの解析::-第114回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会: 富山:(2003).

 

94.阿部琢美: 酸素イオンポーラーウインド::-第114回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会: 富山:(2003).

 

95.阿部琢美: 金星電離大気と中性大気のカップリング 金星周回衛星観測への期待::-中間圏・熱圏・電離圏研究会: 豊川:(2003).

 

96.栗原純一,小山孝一郎,阿部琢美: 極域下部熱圏ロケット観測「DELTA」計画の現状」::-中間圏・熱圏・電離圏研究会: 豊川:(2003).

 

97.阿部琢美: 電離圏研究の意義と課題 ?M-I couplingの視点から::-宇宙プラズマ/太陽系環境研究の将来構想座談会2: 豊川:(2003).

 

98.阿部琢美: 磁気嵐時のプラズマ圏電子温度変動::-プラズマ圏・内部磁気圏プラズマ過程に関する研究集会: 小金井:(2003).

 

99.小泉宜子,村山泰啓,阿部琢美,小山孝一郎: WAVE2004キャンペーンにおけるフォイル・チャフによる中性風測定 -速報-::-大気圏シンポジウム: 相模原:(2004).

 

100.栗原純一,小山孝一郎,阿部琢美: S-310-35号機ロケットによる極域下部熱圏観測(DELTA)計画::-大気圏シンポジウム: 相模原:(2004).

 

101.阿部琢美,下山学,小山孝一郎: SQ電流系中の熱エネルギー収支の解明 −ロケット実験の提案::-大気圏シンポジウム: 相模原:(2004).

 

102.日比野和基,阿部琢美,森弘隆,山本衛,深尾昌一郎,小山孝一郎: スポラディックE層の空間構造−SEEK2観測結果を受けて::-大気圏シンポジウム: 相模原:(2004).

 

 

103.久保田実,村山泰啓,丸山隆,川村誠冶,五十嵐喜良,亘慎一,西牟田一三,塩川和夫,大塚雄一,長澤親生,阿保真,内海通弘,山本博聖,関口宏之,山本衛,中村卓司,岩上直幹,小山孝一郎,阿部琢美: WAVE2004(大気光波状構造キャンペーン2004)地上観測の概要と初期結果::-大気圏シンポジウム: 相模原:(2004).

 

 

104.下山学,阿部琢美,小山孝一郎: 光電子・熱電子遷移領域のエネルギー分布測定器の開発::-スペースプラズマ研究会: 相模原: (2004).

 

105.阿部琢美, 小山孝一郎: S-310-33号機搭載FLPによる電離圏電子温度・密度の観測:-地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉 (2004).

 

106.日比野和基、横山竜宏、阿部琢美、山本衛、深尾昌一郎、森弘隆、小山孝一郎:スポラディックE層の空間構造:-地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉 (2004).

 

107.小泉宜子、村山泰啓、阿部琢美、小山孝一郎:WAVE2004キャンペーンにおけるフォイル・チャフによる中性風測定:-地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉 (2004).

 

108.金尾美穂、寺田直樹、山崎敦、吉川一朗、阿部琢美、中村正人 :金星夜側電離圏の非対称性について-太陽風磁場との関係:-地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉 (2004).

 

109.M. Nakamura, T. Imamura, T. Abe, N. Ishii:Present status of the Planet-C project:-地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会:愛媛 (2004).

 

110.小泉宜子、村山泰啓、阿部琢美、小山孝一郎:S-310-33号機で観測された中性風と電子密度の鉛直構造の関係:-地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会:愛媛 (2004).

 

111.栗原純一、阿部琢美、小山孝一郎:極域下部熱圏ロケット観測計画「DELTA Campaign」の現状報告:-地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会:愛媛 (2004).

 

112.J. Uemoto, T. Ono, A. Kumamoto, M. Iizima, T. Abe:Ionization ledge structures observed in the equatrial anomaly region by the Ohzora (EXOS-C) satellite:-地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会:愛媛 (2004).

 

113.阿部琢美:極域電離圏におけるヒートフラックスの役割と密度/温度構造:-地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会:愛媛 (2004).

 

114.S. Watanabe, M. Yamada, T. Abe, E. Sagawa, A.W. Yau:Model of topside polar ionosphere based on Akebono/SMS data:-地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会:愛媛 (2004).

 

115.阿部琢美, 小山孝一郎, S-310-33号機搭載FLPによる電離圏電子温度・密度の観測 地球惑星科学関連学会合同大会: 千葉(2004)

 

116.日比野和基、横山竜宏、阿部琢美、山本衛、深尾昌一郎、森弘隆、小山孝一郎 スポラディックE層の空間構造 地球惑星科学関連学会合同大会 :千葉(2004)

 

117.栗原純一、小山孝一郎、阿部琢美、 ロケット−EISCAT−FPIによるオーロラ擾乱時の極域下部熱圏観測(DELTA)計画 地球惑星科学関連学会合同大会 :千葉(2004)

 

118.小泉宜子、村山泰啓、阿部琢美、小山孝一郎、WAVE2004キャンペーンにおけるフォイル・チャフによる中性風測定 地球惑星科学関連学会合同大会 :千葉(2004)

 

119.金尾美穂、寺田直樹、山崎敦、吉川一朗、阿部琢美、中村正人、 金星夜側電離圏の非対称性について-太陽風磁場との関係 地球惑星科学関連学会合同大会 :千葉(2004)

 

120.M. Nakamura, T. Imamura, T. Abe, N. Ishii、 Present status of the Planet-C project 地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会 :愛媛(2004)

121.小泉宜子、村山泰啓、阿部琢美、小山孝一郎、 S-310-33号機で観測された中性風と電子密度の鉛直構造の関係 地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会 :愛媛(2004)

122.下山学、阿部琢美、小山孝一郎 光電子・熱電子遷移領域のエネルギー分布測定器の開発、 地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会 :愛媛(2004)

123.栗原純一、阿部琢美、小山孝一郎 極域下部熱圏ロケット観測計画「DELTA Campaign」の現状報告、 地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会 :愛媛(2004)

124.J. Uemoto, T. Ono, A. Kumamoto, M. Iizima, T. Abe、 Ionization ledge structures observed in the equatrial anomaly region by the Ohzora (EXOS-C) satellite、 地球電磁気・  地球惑星圏学会第116回講演会 :愛媛2004)

125.阿部琢美、 極域電離圏におけるヒートフラックスの役割と密度/温度構造、 地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会:愛媛(2004)

126.S. Watanabe, M. Yamada, T. Abe, E. Sagawa, A.W. Yau Model of topside polar ionosphere based on Akebono/SMS data 地球電磁気・地球惑星圏学会第116回講演会 :愛媛(2004)

127.阿部琢美、 S-310-33号機に搭載されたFLPの初期観測結果、 NICT大気光部会 情報通信研究機構(2004)

128.栗原純一、阿部琢美、小山孝一郎、 DELTA campaign: 極域下部熱圏ロケット観測計画、 第28回極域宙空圏シンポジウム 国立極地研究所 (2004)

129.阿部琢美、小山孝一郎、 S-310-35号機搭載FLPによる電子温度・密度観測、 大気圏シンポジウム JAXA宇宙科学研究本部 (2004)

130.阿部琢美、下山学、小山孝一郎、 Sq電流系中心付近の高電子温度層生成メカニズムの解明、 大気圏シンポジウム JAXA宇宙科学研究本部 (2004)

131.阿部琢美、 DELTAキャンペーンの概要と経過、 EISCAT研究集会 国立極地研究所 (2004)

132.阿部琢美、 ラングミューアプローブの結果、 EISCAT研究集会 国立極地研究所 (2004)

133.栗原純一、阿部琢美、小山孝一郎、岩上直幹、野澤悟徳、小川泰信、藤井良一、麻生武彦、石井守、 極域下部熱圏ロケット観測計画「DELTA Campaign」の直前報告」、 中間圏・熱圏・電離圏研究会 名古屋大学 (2004)

134.阿部琢美、 酸素イオンポーラーウインドの正体と運命(さだめ)、 電離圏起源重イオンのダイナミクス研究会 名古屋大学 (2004)

135.阿部琢美、町田忍、品川裕之、吉川一朗、寺田直樹、二穴喜文、 周回衛星による金星火星大気/プラズマ観測の必要性について、 惑星電磁圏・大気研究会 東北大学 (2004)

136.T. Abe, J. Kurihara, N. Iwagami, S. Nozawa, R. Fujii, Y. Ogawa, E.V. Thrane, K.I. Oyama, Introduction to the DELTA campaign、 地球惑星科学関連学会2005年合同大会 :千葉(2005)

137.T. Abe, K.I. Oyama、 Fast Langmuir Probe observation of the electron temperature in the DELTA 、地球惑星科学関連学会2005年合同大会:千葉(2005)

138.E. Griffin, A. Aruliah, M. Kosch, I. McWhirter, A. Kavanagh, A. Senior, T. Abe, Combined ground-based optical support for the aurora (DELTA) sounding rocket campaign、 地球惑星科学関連学会2005年合同大会 :    千葉(2005)

139.E.V. Thrane, T. Abe、 Ground based experiments in Andoya during the DELTA campaign、 地球惑星科学関連学会2005年合同大会 :千葉(2005)

140.B. Williams, J. Vance, C.Y. She, T. Abe, J. Kurihara Sodium lidar measurements of waves and instabilities near the mesopause during the Delta campaign、 地球惑星科学関連学会2005年合同大会:千葉(2005)

141.小川 泰信,小笠原 桂一,足立 和寛,野澤 悟徳,藤井 良一,浅村 和史, 向井 利典,栗原 純一, 阿部琢美,Buchert Stephan C.、 DELTAキャンペーンにおけるS310-35ロケット及びEISCATレーダーによる降下電子の比較研   究、 日本地球惑星科学連合2006年大会 :千葉(2006)

142.石坂 圭吾,芦原 佑樹,三宅 壮聡,岡田 敏美,笠羽 康正,小嶋 浩嗣,阿部琢美,小野 高幸、 電離層中の電場・VLF/MF帯電波伝搬特性のロケット観測計画、 日本地球惑星科学連合2006年大会 :千葉(2006)

143.中村 正人,今村 剛,阿部琢美,上野 宗孝,金星探査計画ワーキンググループ、 金星探査計画PLANET-Cの現状、 日本地球惑星科学連合2006年大会 :千葉(2006)

144.門畑 顕博,阿部琢美,小山 孝一郎,小笠原 桂一,浅村 和史,若林 誠,野澤 悟徳,小川 泰信,藤井 良一,岩上 直幹、 DELTAキャンペーン中のロケット搭載ラングミューアプローブによる電子温度観測、 日本地球惑星科学連合2006年大会 :千葉(2006)

145.下山 学,阿部琢美,小山 孝一郎、 超熱的電子エネルギー分布測定器の開発と性能検証試験、 日本地球惑星科学連合2006年大会 :千葉(2006)

146.岩満 一寛,阿部琢美,野澤 悟徳,小川 泰信,藤井 良一、 EISCATレーダーと観測ロケットによる極域下部熱圏の電子温度測定、 日本地球惑星科学連合2006年大会 :千葉(2006)

147.栗原 純一,阿部琢美,小山 孝一郎,野澤 悟徳,小川 泰信,藤井 良一、 DELTA キャンペーンにおける中性大気温度とジュール加熱率の鉛直分布、 日本地球惑星科学連合2006年大会 :千葉(2006)

148.金尾 美穂,二穴 喜文,山崎 敦,山内 正敏,阿部琢美,中村 正人,ASPERA-3 team、 プロトンとアルファ粒子観測による火星のInduced Magnetosphere Boundary 、日本地球惑星科学連合2006年大会 :千葉(2006)

149.小泉 宜子,久保田 実,村山 泰啓,阿保 真,内海 通弘,五十嵐 喜良,岩上 直幹,阿部琢美,小山 孝一郎、 中間圏界面付近における不安定現象に伴う鉛直風の観測、 日本地球惑星科学連合2006年大会 :千葉(2006)

150.阿部琢美、 The Polar Ion Outflow: Current understanding and future observations、 第120回総会および講演会(SGEPSS秋学会) 地球電磁気・地球惑星圏学会 :相模原(2006)

151.今村 剛,高橋幸弘,はしもとじょーじ,山崎敦,吉川一朗,寺田直樹,山中大学,阿部琢美,中村 正人、佐藤毅彦, 金星探査計画ワーキンググループ、 金星探査の将来 第120回総会および講演会(SGEPSS秋学会) :相模原(2006)

152.石坂 圭吾,芦原 佑樹,三宅 壮聡,岡田 敏美,笠羽 康正,小嶋 浩嗣,阿部琢美,小野 高幸、 鹿児島ロケット実験による電離圏中の電場・LF/MF帯電波伝搬特性観測計画、 第120回総会および講演会(SGEPSS秋学会) 地球電磁気・地球惑星圏学会 :相模原(2006)

153.Andrew Yau, Gordon James, Takumi Abe, Hajime Hayakawa, Koichiro Tsuruda,  e-POP Science Team The Canadian CASSIOPE/e-POP Small Satellite Mission: Scientific Targets, Mission Strategies, and International Collaborations、 第120回総会および講演会(SGEPSS秋学会) 地球電磁気・地球惑星圏学会 :相模原(2006)

154.栗原 純一,阿部琢美,小山 孝一郎,岩上直幹,野澤 悟徳,,藤井 良一,小川 泰信、Kosch Mike, Griffin Eoghan, Arulish Anasuya、 DELTAキャンペーンで観測された極域下部熱圏における中世大気の温度・風速とジュール・粒子加熱、 第120回総会および講演会(SGEPSS秋学会) 地球電磁気・地球惑星圏学会 :相模原(2006)

155.門畑 顕博,阿部琢美,小山 孝一郎,岩上直幹,栗原純一,小笠原 桂一,浅村 和史,,野澤 悟徳,小川 泰信,藤井 良一,若林 誠、 DELTAキャンペーにおけるロケット搭載ラングミューアプローブによる極域下部熱圏の電子温度観測、 第120回総会および講演会(SGEPSS秋学会) 地球電磁気・地球惑星圏学会 :相模原(2006)

156.T.Abe, M. Shimoyama, Y. Kasaba, T. Okada, K. Ishisaka, T. Miyake, H. Kojima, I. Nagano, F. Tohyama, T. Takahashi, M. Tanaka, K. Yumoto, A. Yoshikawa Observations of thermal electron heating in the Sq current focus, - Sounding rocket experiment - International Workshop for Midlatitude Ionospere Experiment (2006)

157.T.Abe, H. Ogawa, Y. Naruo, S. Nonaka, Y. Inatani, A concept of a reusable sounding rocket International Workshop for Midlatitude Ionospere Experiment (2006)

158.阿部琢美、 電離圏起源イオン流出現象観測のためのロケット実験提案について, 第3回 電離圏起源重イオンのダイナミクス研究会 STE研・JAXA合同研究集会 (2006)

159.阿部琢美、Andrew Yau カナダの小型衛星観測計画e-POP, 第3回 電離圏起源重イオンのダイナミクス研究会 STE研・JAXA合同研究集会 (2006) 139.阿部琢美,下山学,石坂圭吾,岡田敏美,遠山文雄,高橋隆男,湯元    清文,公田浩子,岩満一寛,村上尚美,田中真,小山孝一郎 電離圏高温度層生成メカニズム解明のための観測ロケット実験 −速報−, 第21回大気圏シンポジウム、 宇宙科学研究本部 (2007)

160.阿部琢美,下山学,石坂圭吾,岡田敏美,遠山文雄,高橋隆男,湯元清文,公田浩子,岩満一寛,村上尚美,田中真,小山孝一郎,,電離圏高温度層生成メカニズム解明のための観測ロケット実験 −速報−, 第21回大気圏シンポジウム、 宇宙科学研究本部 (2007)

161.下山学,阿部琢美,小山孝一郎 S-310-37号機搭載SPAによる超熱的電子エネルギー分布観測 −速報−、 第21回大気圏シンポジウム、 宇宙科学研究本部 (2007)

162.門畑顕博,阿部琢美,小山孝一郎,岩上直幹,栗原純一,若林誠,藤井良一,野澤悟徳,小川泰信 極域電離圏E領域における熱的電子の加熱に関する研究, 第21回大気圏シンポジウム、 宇宙科学研究本部 (2007)

163.岩満一寛,阿部琢美 S-310-37号機搭載FLPによる電子温度観測 −速報−, 第21回大気圏シンポジウム、 宇宙科学研究本部 (2007)

164.村上尚美,阿部琢美,町田 忍 観測ロケットS-310-37号機搭載FBPによる昼側電離圏Sq電流系中心付近の電子密度擾乱の観測 −速報− ,第21回大気圏シンポジウム、 宇宙科学研究本部 (2007)

165.下山学, 阿部琢美, 小山孝一郎、 観測ロケットS-310-37号機によるSq電流系中心の熱的・超熱的電子エネルギー分布観測, 日本惑星科学連合2007年大会 (2007)

166.下山学, 阿部琢美, 小山孝一郎、 観測ロケットによる下部電離圏の超熱的電子エネルギー分布観測, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

167.下山学, 阿部琢美、 スペースチェンバーを用いた電離圏プラズマシミュレーション, 宇宙関連プラズマ研究会 :ISAS/JAXA (2007)

168.栗原純一, 阿部琢美、 大気球・観測ロケット搭載用水晶摩擦真空計の開発, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会  (2007)

169.小野高幸,渡部重十,山本衛,阿部琢美,羽生宏人, 齊藤昭則, 大塚雄一, 山本真行、 熱圏大気とプラズマ間の運動量輸送過程の解明, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

170.高橋幸弘, 坂野井健,上野宗孝,笠羽康正, 吉田和哉, 田口真, 山崎敦, 岩上直幹, 今村剛, 鈴木睦, 阿部琢美, 寺田直樹, 土屋史紀, 堀之内武,中島健介、 惑星宇宙望遠鏡TOPS:計画の概要ならびにサイエンス検討の現状, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

171.坂野井健,高橋幸弘, 上野宗孝,笠羽康正, 吉田和哉, 山崎敦, 今村剛,阿部琢美, 田口真, 澤井秀次郎、 惑星宇宙望遠鏡TOPS:観測計画ならびに搭載機器開発の現状, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

172.横山雄生,山本真行, 羽生宏人, 阿部琢美, 渡部重十, 池田優二、 S-520-23 ロケット実験によるリチウム共鳴散乱光観測実験、 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

173.岩満一寛,阿部琢美、 S-310-37 号機搭載FLP によるSq 電流系中心付近の電子温度観測、 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

174.金尾美穂,二穴喜文,山崎敦,阿部琢美, 山内正敏, 中村正人,ASPERA-3 team Stas Barabash、 火星周辺プラズマ分布の太陽風対流電場への依存性, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

175.村上尚美,阿部琢美, 齊藤昭則,石坂圭吾、 S-310-37 号機搭載固定バイアスプローブが観測した昼側電離圏Sq 電流系中心付近の電子密度擾乱, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

176.石坂圭吾, 三宅壮聡,岡田敏美, 笠羽康正, 小野高幸,阿部琢美、 鹿児島ロケット実験による電離圏中の電場観測, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

177.下山学,阿部琢美, 小山孝一郎、 観測ロケットによる下部電離圏の超熱的電子エネルギー分布観測, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

178.北野谷有吾, 阿部琢美、 極冠域の高高度におけるプラズマ密度上昇, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

179.小野高幸, 藤井良一,阿部琢美, 稲谷芳文、 STP におけるロケット観測の現状と将来展望, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

180.芦原佑樹, 石坂圭吾,岡田敏美, 三宅壮聡, 長野勇, 阿部琢美、 ロケット観測した放送電波伝搬特性を用いた電離圏D-E 領域の電子密度推定, 第122回地球電磁気・地球惑星圏学会 (2007)

181.阿部琢美,下山 学,石坂 圭吾, 岡田 敏美, 遠山 文雄,高橋 隆男,湯元 清文, 公田 浩子,岩満 一寛,村上 尚美,芦原 佑樹,田中 真,小山 孝一郎、 観測ロケットS-310-37号機によるSq電流系中心の高電子温度層生成メカニズムの解明, 日本惑星科学連合2007年大会 (2007)

182.石坂 圭吾,芦原 佑樹,三宅 壮聡,岡田 敏美, 笠羽 康正, 阿部琢美、 Measurements of three-dimensional DC electric field in the ionosphere using the S-310-37, 日本惑星科学連合2007年大会 (2007)

183.岩満 一寛, 阿部琢美、 S−310−37号機搭載FLPによるSq電流系中心付近の電子温度観測, 日本惑星科学連合2007年大会 (2007)

184.村上 尚美, 阿部琢美, 町田 忍、 S-310-37号機搭載固定バイアスプローブが観測した昼側電離圏Sq電流系中心付近の電子密度擾乱, 日本惑星科学連合2007年大会 (2007)

185.下山 学, 阿部琢美, 小山 孝一郎、 観測ロケットS-310-37号機によるSq電流系中心の熱的・超熱的電子エネルギー分布観測, 日本惑星科学連合2007年大会 (2007)

186.金尾 美穂,阿部琢美,二穴 喜文,中村 正人、 火星電離圏境界の太陽風依存性について 日本惑星科学連合2007年大会 (2007)

187.山本 真行,横山 雄生,埜口 和弥,羽生 宏人,池田 優二, 大塚 雄一,渡部 重十,山本 衛, 阿部琢美,小野 高幸、 S-520-23観測ロケット搭載LESによるリチウム放出実験計画, 日本惑星科学連合2007年大会 (2007)

188.阿部琢美、 観測ロケットを用いた電離圏研究と戦略, 電離圏の利用と影響に関するシンポジウム、 情報通信研究機構 (2007)

189.阿部琢美、 Thermal plasma観測の意義, ERGキックオフミーティング、 名古屋大学太陽地球環境研究所(2007)

190.Takumi Abe, Study on arctic upper atmosphere with sounding rockets International Mini-symposium on Arctic Upper Atmosphere Research by EISCAT, other radars and optics 国立極地研究所 (2008)

191.阿部琢美, 齋藤義文, 横田勝一郎, 下山学, 観測ロケットによる極域電離圏プラズマイレギュラリティ発生メカニズムの解明, 第8回宇宙科学シンポジウム ISAS/JAXA (2008)

192.藤井裕矩, 渡部武夫, 小島広久, 小山孝一郎, 佐々木進, 田中孝治, 阿部琢美, 下山学, 山極芳樹, 大津広敬, 趙孟佑, 柏原弘樹, 羽田亨, 能見公博, Juan R. Sanmartin, Mario Charro, Alain Hilgers, Jean-Pierre Lebreton, Erik J. van der Heide, Michiel Kruijff, Fabio De Pascal, John Williams, Binyamin Rubin, Charles Les Johnson, George V. Kazanov, Pavel M. Trivailo 宇宙テザー技術の宇宙実証実験とその将来、 第8回宇宙科学シンポジウム、 ISAS/JAXA (2008)

193.藤井裕矩, 渡部武夫, 草谷大郎, 小島広久, 小山孝一郎, 佐々木進, 田中孝治, 阿部琢美, 下山学, 山極芳樹, 大津広敬, 趙孟佑, 羽田亨, Juan R. Sanmartin, Mario Charro, Alain Hilgers, Jean-Pierre Lebreton, Erik J. van der Heide, Michiel Kruijff, Fabio De Pascal, John Williams, Binyamin Rubin, Casey Farnell, Charles Les Johnson, George V. Kazanov, Pavel M. Trivailo、 ベア導電テープテザーの理工学に関する観測ロケット実験、 第24回宇宙利用シンポジウム (2008)

194.横山雄生,渡部重十,阿部琢美,羽生宏人,大塚雄一,斉藤昭則,山本 衛,小野高幸、 S-520-23号ロケット放出リチウム共鳴散乱光による熱圏風測定、 第22回大気圏シンポジウム ISAS/JAXA(2008)

195.阿部琢美,下山学,石坂圭吾、芦原佑樹,岩満一寛,村上尚美,遠山文雄,高橋隆男,湯元清文,公田浩子、 電離圏Sq電流系中心付近の高電子温度層の観測−S-310-37号機観測ロケット実験−、 第22回大気圏シンポジウム ISAS/JAXA(2008)

196.下山学,阿部琢美、 観測ロケットS-310-37号機による下部電離圏の超熱的電子エネルギー分布観測、 第22回大気圏シンポジウム ISAS/JAXA (2008)

197.村上尚美,阿部琢美, 齊藤昭則,岩満一寛、 観測ロケットS-310-37搭載固定バイアスプローブによる電子密度擾乱の観測、 第22回大気圏シンポジウム ISAS/JAXA (2008)

198.Takumi Abe、Preliminary analysis of FLP data WIND data workshop、 京都大学生存圏研究所 (2008)

199.渡部重十,南部慎吾,阿部琢美,大塚雄一,齊藤昭則,山本衛,山本真行、 リチウム放出実験による熱圏電離圏結合過程の研究 -WINDキャンペーン- 、日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張(2008)

200.横山雄生,山本真行,羽生宏人,阿部琢美,渡部重十,小野高幸、 リチウム放出実験による広い高度範囲の熱圏中性風測定、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

201.鈴木朋憲,小野高幸,上本純平,若林誠,阿部琢美,飯島雅英,熊本篤志,西村幸敏、 観測ロケット搭載インピーダンスプローブ計測におけるシース容量値の特性と応用、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

202.北村成寿,新堀淳樹,西村幸敏,小野高幸,飯島雅英,熊本篤志,山田学,渡部重十,阿部琢美,Yau Andrew,Hairston Marc R.、 磁気嵐時における極域プラズマ密度増加のAkebono、DMSP同時観測、 日本地球惑星科学連合    2008年大会 幕張 (2008)

203.下山学,阿部琢美 観測ロケットS-310-38号機搭載高速ラングミュアプローブによる下部電離圏の電子温度・電子密度観測、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

204.北村成寿,新堀淳樹,西村幸敏,小野高幸,飯島雅英,熊本篤志,山田学,渡部重十,阿部琢美,Yau Andrew、 極域磁気圏における磁気嵐時のイオン上昇流の観測、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

205.栗原宜子,村山泰啓,野澤悟徳,阿部琢美、 S-310-38号機ロケット実験におけるフォイル・チャフによる中性風観測、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

206.下山学,阿部琢美、 下部電離圏における熱的・超熱的電子遷移領域のエネルギー分布観測、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

207.北野谷有吾,阿部琢美,向井利典、 極冠域電離圏におけるプラズマ密度の上昇について、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

208.鈴木敏史,山本真行,石原吉明,阿部琢美、 ロケット打上げで励起されるインフラサウンドの計測実験、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

209.石坂圭吾,三宅壮聡,岡田敏美,阿部琢美,小野高幸,渡部重十,中村正人、 S-520-23号機による電離圏中の電場・LF/MF帯電波観測、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

210.石坂圭吾,三宅壮聡,岡田敏美,阿部琢美、 S-310-38号機による電離圏E領域中のLF/MF帯電波伝搬特性観測、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

211.金尾美穂,二穴喜文,山崎敦,阿部琢美,山内正敏,中村正人、 火星電離圏プロトンの分布への太陽風対流電場の影響、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

212.栗原純一,栗原宜子,岩上直幹,石坂圭吾,阿部琢美,野澤悟徳、 S-310-38号機搭載Mg+共鳴散乱光イメージャによる電離圏の3次元構造観測、 日本地球惑星科学連合2008年大会 幕張 (2008)

213.栗原純一,栗原宜子,岩上直幹,鈴木朋憲,熊本篤志,小野高幸,中村真帆,石井守,松岡彩子,石坂圭吾,阿部琢美,野澤悟徳、 S-310-38号機搭載Mg+共鳴散乱光イメージャで観測されたEs層の水平構造、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

214.阿部琢美,中村正人 、観測ロケット実験の現状と将来計画、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

215.横山雄生,山本真行,渡部重十,阿部琢美,羽生宏人,小野高幸,大塚雄一,齊藤昭則、 WINDリチウム放出実験による熱圏中性風の高精度解析、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

216.齊藤昭則,阿部琢美,坂野井健,大塚雄一,田口真,吉川一朗,山崎敦,鈴木睦,中村卓司,山本衛,河野英昭,石井守,星野尾一明,坂野井和代,藤原均,久保田実,江尻省、 国際宇宙ステーションからの地球超高層大気撮像観測計画、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

217.Takeshi Sakanoi, Yuichi Otsuka, Atsushi Yamazaki, Norihide Takeyama, Yasuyuki Obuchi, Akinori Saito, Mitsumu Ejiri, Takuji Nakamura, Takumi Abe. Makoto Suzuki, Minoru Kubota, Makoto Taguchi, Ichiro Yoshikawa, Kazuaki Hoshinoo, Kazuyo Sakanoi, Hitoshi Fujiwara, Mamoru Yamamoto, Mamoru Ishii, Hideaki Kawano、 Current status of ISS-IMAP/VISI: the observation plan of visible airglow distributions、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

218.Atsushi Yamazaki, Ichiro Yoshikawa, Go Murakami, Kazuo Yoshioka, Akinori Saito, Takumi Abe, Makoto Suzuki, Takeshi Sakanoi, Yuichi Otsuka, Makoto Taguchi, Takuji Nakamura, Mamoru Yamamoto, Hideaki Kawano, Mamoru Ishii, Kazuaki Hoshinoo, Kazuyo Sakanoi, Hitoshi Fujiwara, Minoru Kubota, Mitsumu Ejiri、 Ionospheric and plasmaspheric observation plan by an EUV imaging on the ISS-IMAP mission 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台( 2008)

219.南部慎吾, 渡部重十, 阿部琢美, 羽生宏人, 中村正人, 小野高幸, 大塚雄一, 山本衛, 齊藤昭則, 山本真行、 リチウム放出実験 -WINDキャンペーン-、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台(2008)

220.石坂圭吾, 三宅壮聡, 岡田敏美, 阿部琢美, 小野高幸, 渡部重十, 中村正人、 S-520-23号機観測ロケットによる電離圏中の電場観測、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

221.栗原純一,大山伸一郎,野澤悟徳,藤井良一,小川泰信,岩上直幹,阿部琢美 、DELTA-2 campaign: 極域下部熱圏の力学とエネルギー収支のロケット・地上総合観測計画、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台   (2008)

222.北野谷有吾,阿部琢美,向井利典、極冠域電離圏における部分的なプラズマ密度の上昇について 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

223.北村成寿,西村幸敏,小野高幸,海老原祐輔,飯島雅英,熊本篤志,新堀淳樹,山田学,渡部重十,阿部琢美,Yau Andrew、 極域磁気圏における磁気嵐時のイオン上昇流、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

224.吉岡和夫,村上豪,齊藤昭則,阿部琢美,坂野井健,大塚雄一,田口真,吉川一朗,山崎敦,鈴木睦、 宇宙ステーション搭載の極端紫外撮像装置の開発、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

225.金尾美穂,阿部琢美,二穴喜文,山崎敦,中村正人、 火星電離圏のイオン密度境界に対する太陽風対流電場の影響、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学会講演会 仙台 (2008)

226.小川泰信,宮岡宏,藤井良一,野澤悟徳,大山伸一郎,平原聖文,坂野井健,阿部琢美,小野高幸,細川敬祐,門倉昭,行松彰、 EISCATレーダーを用いた日本の極域超高層大気観測の現状、 第124回 地球電磁気・地球惑星圏学   会講演会 仙台 (2008)

227.住野諒,田中孝治,山極芳樹,下山学,阿部琢美,佐原宏典,佐々木進、藤井裕矩、 ベアーテザーを用いたプラズマ収集実験、 第9回宇宙科学シンポジウム 相模原 (2009)

228.齊藤 昭則,阿部琢美,山崎敦,鈴木睦,坂野井健,藤原均,吉川一朗,大塚雄一,田口真,中村 卓司,山本衛,江尻省,河野英昭,石井守,久保田 実,星野尾一明,坂野井和代、 S2-12国際宇宙ステーションJEM曝露部からの超高層大気撮像観測計画、 第9回宇宙科学シンポジウム 相模原 (2009)

229.牛尾知雄,佐藤光輝,鈴木睦,森本健志,芳原容英,山崎敦,阿部琢美,高橋幸弘,河崎善一郎、 JEM-GLIMSミッションの概要、 第9回宇宙科学シンポジウム 相模原 (2009)

230.齋藤義文,阿部琢美,横田勝一郎,下山学,原田昌朋、 観測ロケットICI-2による極域電離圏プラズマイレギュラリティ発生メカニズムの解明、 第9回宇宙科学シンポジウム 相模原 (2009)

231.栗原 純一,栗原 宜子,岩上 直幹,鈴木朋憲,熊本篤志,小野高幸,中村真帆,石井 守,松岡彩子,石坂圭吾,阿部琢美,野澤悟徳、 S-310-38号機搭載MIIで観測されたEs層の水平構造、 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

232.齊藤 昭則,阿部琢美,山崎敦,鈴木睦,坂野井健,藤原均,吉川一朗,菊池雅行,大塚雄一,田口 真,中村卓司,江尻 省,河野 英昭,石井守,久保田実,星野尾一明,坂野井 和代、 国際宇宙ステーションJEM曝露部からの超高層大気撮像観測計画、 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

233.坂野井健,山崎敦,大塚雄一,田口真,阿部琢美,武山芸英,小淵保幸,齊藤昭則,江尻省,中村卓司,鈴木睦,久保田実,吉川一朗,星野尾一明,坂野井 和代,藤原均,山本衛,石井守,陣英克,河野英昭、 ISS-IMAP搭載可視分光撮像装置VISIによる大気光観測計画、 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

234.牛尾知雄,鈴木睦,佐藤光輝,森本健志,高橋幸弘,芳原容英,菊池雅行,Umran Inan,山崎敦,阿部琢美,河崎善一郎、 JEM-GLIMSミッションの概要、 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

235.鈴木 睦、山崎 敦、阿部琢美、織田 裕久、 IMAP・GLIMSミッションの機器開発状況について、 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

236.佐藤光輝,牛尾知雄,森本健志,高橋 幸弘,Umran Inan,芳原容英,菊池雅行,鈴木,睦,山崎敦,阿部琢美,吉田和哉,坂本祐二,奥山圭一,石田良平,河崎善一郎、 GLIMSミッションに期待される科学:高高度発光現象、 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

237.高橋幸弘,牛尾知雄,森本健志,佐藤光輝,Umran Inan,芳原容英,菊池雅行,鈴木睦,山崎敦,阿部琢美,吉田和哉,坂本 祐二,奥山圭一,石田良平,河崎善一郎、 GLIMSミッションに期待される科学:地球ガンマ線現象、 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

238.森本健志,牛尾知雄,佐藤光輝,高橋幸弘,Umran Inan,芳原容英,菊池雅行,鈴木睦,山崎敦,阿部琢美,吉田和哉,坂本祐二,奥山圭一石田良平,河崎善一郎、 GLIMSミッションに期待される科学:雷放電、 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

239.芳原容英,牛尾知雄,森本健志,高橋幸弘,佐藤光輝,Umran Inan,菊池雅行,鈴木 睦,山崎敦,阿部琢美,吉田和哉,坂本祐二,奥山圭一,石田良平,河崎善一郎、 雷起源電磁波動の地上、低高度人工衛星同時観測による大気圏、電離圏結合に関する研究とGLIMSミッションへの応用、 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

240.北野谷有吾,阿部琢美、 極冠域電離圏の局所的プラズマ密度増加現象について 第23回大気圏シンポジウム 相模原 (2009)

241.笠羽康正,石坂圭吾,熊本篤志,鈴木朋憲,阿部琢美,下山学、 宇宙電場計プローブの光電子放出量安定度の計測、 平成20年度スペースプラズマ研究会 相模原 (2009)

242.下山学,阿部琢美、 観測ロケットS-310-37号機による下部電離圏の異常加熱現象の研究、 平成20年度スペースプラズマ研究会 相模原 (2009)

243.阿部琢美、 ICI-2キャンペーンで観測された電離圏カスプ領域の電子密度擾乱、 2008年度EISCAT研究集会 板橋、東京 (2009)

244.阿部琢美、下山学、Moen Joran、 ICI-2キャンペーンにおけるカスプイレギュラリティ領域での電子密度擾乱観測、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

245.北野谷有吾、阿部琢美、向井利典、 極冠域電離圏の分極電場による光電子への影響について、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

246.下山学、阿部琢美、Yau Andrew、 Observational study of energy exchange between thermal and suprathermal electrons -S-310-37 sounding rocket experiment- 、日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

247.石坂圭吾、二谷崇大、三宅壮聡、岡田敏美、阿部琢美、 S-310-38 号機による電離圏E 領域中の電子密度推定、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

248.栗原純一、大山伸一郎、野澤悟徳、藤井良一、小川泰信、岩上直幹、阿部琢美、山本真行、渡部重十、横山雄生、南部慎吾、吉田健悟、Larsen Miguel F. 、DELTA-2 キャンペーン速報:キャンペーンの概要、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

249.山本真行、横山雄生、森永隆稔、南部慎吾、吉田健悟、渡部重十、Larsen Miguel F.、栗原純一、岩上直幹、大山伸一郎、小川泰信、野澤悟徳、阿部琢美、 DELTA-2 キャンペーン速報:S-310-39 号ロケット放出TMAによるオーロラ発生時の熱圏中性風プロファイル(1)、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

250.大山伸一郎、塩川和夫、大塚雄一、栗原純一、野澤悟徳、小川泰信、岩上直幹、阿部琢美、渡部重十、山本真行、加藤泰男、濱口佳之、山本優佳、佐藤貢、Larsen Miguel F.、 DELTA-2 キャンペーン速報:FPI の観測結果、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

251.山本真行、鈴木敏史、山田龍樹、石原吉明、金尾政紀、戸田茂、松島健、阿部琢美、 インフラサウンド観測:ロケット打上げによる波動の解析と光学式センサの開発、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

252.齊藤昭則、阿部琢美、坂野井健、大塚雄一、田口真、吉川一朗、山崎敦、 鈴木睦、菊池雅行、中村卓司、山本衛、河野英昭、石井守、星野尾一明、坂野井和代、藤原均、久保田実、江尻省、 IMAP ワーキンググループ、ISS-IMAP による地球超高層大気撮像観測計画、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

253.佐藤光輝、牛尾知雄、森本健志、高橋幸弘、Umran Inan、芳原容英、菊池雅行、鈴木睦、山崎敦、阿部琢美、 吉田和哉、坂本祐二、奥山圭一、石田良平、河崎善一郎、 国際宇宙ステーションからの雷放電・スプライト観測計画:JEM-GLIMSミッション、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

254.坂野井健、大塚雄一、山崎敦、田口真、齊藤昭則、阿部琢美、武山芸英、小淵保幸、江尻省、中村卓司、鈴木睦、久保田実、吉川一朗、星野尾一明、坂野井和代、藤原均、山本衛、石井守、河野英昭、 ISS-IMAP 搭載VISI による大気光観測:開発の現状と観測シミュレーション、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

255.齊藤昭則、阿部琢美、坂野井健、大塚雄一、 田口真、吉川一朗、山崎敦、鈴木睦、菊池雅行、中村卓司、山本衛、河野英昭、石井守、星野尾一明、 坂野井和代、藤原均、久保田実、江尻省、IMAP ワーキンググループ、中低緯度域電離圏・中間圏・熱圏・プラズマ圏の衛星からの撮像観測、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

256.鈴木睦、山崎敦、阿部琢美、菊池雅行、 ISS/JEM/IMAP-GLIMS の開発、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

257.牛尾知雄、佐藤光輝、鈴木睦、高橋幸弘、森本健志、芳原容英、菊池雅行、山崎敦、阿部琢美、河崎善一郎、 JEM-GLIMS ミッション、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

258.金尾美穂、二穴喜文、山崎敦、阿部琢美、中村正人、 太陽風対流電場を考慮した火星周辺プラズマ密度分布のクラスタル磁場による影響、 日本地球惑星科学連合2009年大会 千葉 (2009)

259.牛尾知雄、佐藤光輝、鈴木睦、高橋幸弘、森本健志、芳原容英、菊池雅行、山崎敦、阿部琢美、河崎善一郎、 国際宇宙ステーションからの雷とスプライトの観測計画の現状と今後、 日本地球惑星科学連合2009年大会、千葉 (2009)

260.森永隆稔、山本真行、横山雄生、栗原純一、Larsen Miguel F.、大山伸一郎、野澤悟徳、小川泰信、吉田健悟、阿部琢美、渡部重十、岩上直幹、 DELTA-2キャンペーンTMAによるオーロラ発生時の熱圏下部中性風の高精度解析、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第126回総会及び講演会(2009年秋学会) 金沢大学  (2009)

261.阿部琢美、小川泰信、 Moen Joran、 極域電離圏カスプイレギュラリティ領域での電子密度擾乱の特徴について、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第126回総会及び講演会(2009年秋学会) 金沢大学(2009)

262.北野谷有吾、阿部琢美、 極冠域電離圏の局所的なプラズマ密度上昇について、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第126回総会及び講演会(2009年秋学会) 金沢大学  (2009)

263.坂野井健、山崎敦、大塚雄一、久保田実、武山芸英、小淵保幸、阿部琢美、齊藤昭則、江尻省、中村卓司、鈴木睦、山本衛、田口真、 ISS-IMAP 搭載VISI による大気光観測:開発の現状と観測シミュレーション(2)、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第126回総会及び講演会(2009年秋学会) 金沢大学  (2009)

264.石坂圭吾、三宅壮聡、岡田敏美、渡部重十、阿部琢美、小野高幸、中村正人、 S-520-23 号機観測ロケットによる電離圏中のDC電場観測、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第126回総会及び講演会(2009年秋学会) 金沢大学  (2009)

265.金尾美穂、二穴喜文、山崎敦、阿部琢美、中村正人、ASPERA-3 team Stas Barabash 火星周辺における太陽風プロトンの分布の太陽風対流電場依存性について、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第126回総会及び講演会(2009年秋学会) 金沢大学  (2009)

266.齊藤昭則、 阿部琢美、坂野井健、大塚雄一、田口真、吉川一朗、山崎敦、鈴木睦、 菊池雅行、中村卓司、山本衛、河野英昭、石井守、星野尾一明、坂野井和代、藤原均、久保田実、江尻省、 IMAP ワーキンググループ、 ISS-IMAP ミッションとその宇宙天気研究への利用、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第126回総会及び講演会(2009年秋学会) 金沢大学  (2009)

267.北野谷有吾、阿部琢美、 極冠域におけるSED/TOIのアウトフローとしての振る舞いについて、 第24回大気圏シンポジウム 相模原市 (2010)

268.蜂谷宣人、阿部琢美、 AKEBONO電子温度観測からみたプラズマ圏の熱的構造、 第24回大気圏シンポジウム 相模原市 (2010)

269.住野諒、田中孝治、神戸篤、若槻賢、阿部琢美、山極芳樹、佐原宏典、佐々木進、小島広久、 観測ロケットS-520-25号機搭載用ベアテザーを用いたプラズマ収集実験、 スペースプラズマ研究会 相模原市 (2010)

270.関華奈子、寺田直樹、松岡彩子、阿部琢美、山崎敦、 2機のオービターによる火星大気散逸探査の科学戦略、 次期火星エアロノミー探査計画検討会 札幌市 (2010)

271.寺田直樹、関華奈子、松岡彩子、阿部琢美、山崎敦、 観測対象と機器性能への要求について及び海外ミッションの概要の紹介、 次期火星エアロノミー探査計画検討会 札幌市 (2010)

272.阿部琢美、 熱的電子観測装置の検討、 次期火星エアロノミー探査計画検討会 札幌市 (2010)

273.T. Abe, A.W. Yau, S. Watanabe, E. sagawa, W. Miyake and B.A. Whalen、 Akebono observations of thermal ion outflow - Scientific outcome and significance -、 あけぼの22周年記念シンポジウム 港区 (2010)

274.小松 孝康, 山本 真行, 石原 吉明, 金尾 政紀, 阿部琢美, 平松 良浩、 インフラサウンドデータ解析ソフトウェアの開発と桜島噴火によるインフラサウンドの解析、 日本地球惑星科学連合2010年大会 千葉市 (2010)

275.牛尾 知雄, 佐藤 光輝, 鈴木 睦, 森本 健志, 高橋 幸弘, 芳原 容英, 石田 良平,坂本 祐二, 山崎 敦, 阿部琢美, 河崎善一郎, 菊地雅行, 吉田和哉, イナン、 国際宇宙ステーションからのスプライトと雷観測、 日本地球惑星科学連合2010年大会 千葉市 (2010)

276.金尾 美穂, 二穴喜文, 山崎 敦, 阿部琢美, 中村 正人、 火星マグネトスフェア周辺のイオンダイナミクスに太陽風対流電場が及ぼす影響について、 日本地球惑星科学連合2010年大会 千葉市 (2010)

277.阿部琢美、 Cleft Ion Fountainの出現特性、 日本地球惑星科学連合2010年大会 千葉市 (2010)

278.石坂 圭吾, 遠海 元, 岡田 敏美, 松岡 彩子, 阿部琢美, 熊本 篤志、 Akebono衛星による衛星電位-電子密度特性の調査、 日本地球惑星科学連合2010年大会 千葉市 (2010)

279.北野谷 有吾, 阿部琢美、 AKEBONO衛星・DMSP衛星を用いたSED/TOIの高度方向のプラズマ密度プロファイルの推定、 日本地球惑星科学連合2010年大会 千葉市 (2010)

280.森永 隆稔, 山本 真行, 栗原 純一, ラーセン・ミゲル, 大山 伸一郎, 野澤悟徳,小川 泰信, 阿部琢美, 渡部 重十、 DELTA-2キャンペーンTMA中性風解析の精度とプロファイル経時変化の考察、 日本地球惑星科学連合、2010年大会 千葉市 (2010)

281.石坂 圭吾, 芦原 佑樹, 岡田 敏美, 阿部琢美, 熊本 篤志、 S-310-40号機による電離圏下部領域の電波伝搬特性観測、 日本地球惑星科学連合2010年大会 千葉市 (2010)

282.坂野井 健, 秋谷 祐亮, 大塚 雄一, 山崎 敦, 阿部琢美, 齊藤 昭則, 鈴木 睦,武山 芸英, 小淵 保幸, 田口 真, 江尻 省, 久保田 実, 吉川 一朗, 山本 衛、 ISS-IMAP搭載VISIによる大気光観測:開発の現状と観測シミュレーション(3)、 日本地球惑星科学連合2010年大会 千葉市 (2010)

283.森永 隆稔, 山田 倫久, 山本 真行, 羽生 宏人, 渡部 重十, 阿部琢美, 山本衛、 S-520-26号観測ロケット搭載LESによるリチウム放出実験:WIND-2計画、 日本地球惑星科学連合2010年大会 千葉市 (2010)

284.森永隆稔、 山本真行、 栗原純一、 Larsen Miguel、 久保田賢、 大山伸一郎、 野澤悟徳、小川泰信、阿部琢美、 渡部重十、 DELTA-2キャンペーンTMAによる熱圏中性風高精度解析と地上観測データとの比較、 地球電磁気・地球惑星圏学会第128回講演会 那覇市 (2010)

285.北村成寿、寺田直樹、小川泰信、阿部琢美、小野高幸、西村幸敏、新堀淳樹、熊本篤志、 地磁気静穏時の極冠電離圏−磁気圏におけるプラズマ密度、温度の太陽天頂角依存性、 地球電磁気・地球惑星圏学会第128回講演会 那覇市 (2010)

286.阿部琢美、Moen Joran、 極域電離圏カスプイレギュラリティ領域での電子密度擾乱の特徴について(2)、 地球電磁気・地球惑星圏学会第128回講演会 那覇市 (2010)

287.北野谷有吾、阿部琢美、 極冠域電離圏における電子温度の季節変動、 地球電磁気・地球惑星圏学会第128回講演会 那覇市 (2010)

288.中村正人、石井信明、今村剛、上野宗孝、鈴木睦、 阿部琢美、山崎敦、 岩上直幹、佐藤毅彦、田口真、渡部重十、福原哲哉、大月祥子、 打ち上げ後の金星探査機”あかつき”、 地球電磁気・地球惑星圏学会第128回講演会 那覇市 (2010)

289.松岡彩子、阿部琢美、石坂圭吾、熊本篤志、栗原純一、関華奈子、 田口真、寺田直樹、二穴喜文、八木谷聡、山崎敦、横田勝一郎、MELOS 火星大気散逸観測オービター検討グループ、 MELOS火星大気散逸観測オービターの検討報告、 地球電磁気・地球惑星圏学会第128回講演会 那覇市 (2010)

290.金尾美穂、阿部琢美、山崎敦、二穴喜文、中村正人、 火星周辺で観測された重イオンビームについて 地球電磁気・地球惑星圏学会第128回講演会 那覇市 (2010)

291.阿部琢美、 観測ロケット搭載用高速ラングミューアプローブの開発と性能評価、 スペースプラズマ研究会 相模原市 2011

292.渡部重十、阿部琢美、栗原純一、大塚雄一、久保田実、斉藤昭則、塩川和夫、藤原均、山本衛、湯元清文、Huixin Liu, 大気プラズマ研究者、 大気プラズマ観測衛星についての提案 - Global Dynamics and Phtochemistry Explorer Satellites (GLOBE)、 第1回小型科学衛星シンポジウム 相模原市 (2011)

293.阿部琢美、 熱的電子観測装置の検討、 次期火星探査検討会 相模原市 (2011)

294.金尾美穂、阿部琢美、山崎敦、中村正人、 火星地殻起源磁場上でのイオン密度分布についての考察、 次期火星探査検討会 相模原市 (2011)

295.山本衛、羽生宏人、阿部琢美、山本真行、渡部重十、Miguel F. Larsen, 横山竜弘、Robert F. Pfaff、 昼間下部熱圏風の日米共同観測ロケット実験、 第11回宇宙科学シンポジウム 相模原市 (2011)

296.阿部琢美、斉藤義文、横田勝一郎、入江敏弘, Joran Moen、 観測ロケットを用いた極域電離圏カスプのプラズマイレギュラリティ総合研究、 第11回宇宙科学シンポジウム 相模原市 (2011)

297.松岡彩子、阿部琢美、石坂圭吾、熊本篤志、栗原純一、関華奈子、田口真、寺田直樹、二穴喜文、八木谷聡、山崎敦、横田勝一郎、MELOS火星大気散逸観測オービター検討グループ、 MELOS火星大気散逸観測オービターの検討報告、 第11回宇宙科学シンポジウム 相模原市 (2011)

298.羽生宏人、吉田裕二、山本真行、阿部琢美、渡部重十、山本衛、Miguel F. Larsen, 横山竜弘、Robert F. Pfaff、熱圏観測用ケミカルペイロードに関する研究、 第11回宇宙科学シンポジウム 相模原市 (2011)

299.長谷川直、阿部琢美、須藤和一、山本育男、田端誠、栗原宜子、小野瀬直美、矢野創、鶴井健司、川井伸明、佐藤英一、佐々木進、 宇宙科学研究所スペースプラズマ共同利用の現状、 第11回宇宙科学シンポジウム 相模原市 (2011)

300.渡部重十, 阿部琢美, 湯元清文, Liu Huixin, 小山孝一郎, MTI グループ, 大気プラズマ観測衛星構想、 日本地球惑星科学連合2011年大会 千葉市 (2011)

301.金尾美穂, 中村正人, 阿部琢美, Futaana Yoshifumi, 山崎敦, ASPERA-3 team, 火星地殻起源磁場上におけるイオン密度空間分布についての考察、 日本地球惑星科学連合2011年大会 千葉市 (2011)

302.松岡彩子, 阿部琢美, 石坂圭吾, 熊本篤志, 栗原純一, 関華奈子, 田口真, 寺田直樹, Futaana Yoshifumi, 八木谷聡, 山崎敦, 横田勝一郎, 尾川順子, MELOS 火星大気散逸観測オービター検討グループ、 MELOS火星大気散逸観測オービターの検討報告、 日本地球惑星科学連合2011年大会 千葉市 (2011)

303.北野谷有吾, 阿部琢美, 向井利典, 極冠域における低エネルギー降下電子の起源について、 日本地球惑星科学連合2011年大会 千葉市 (2011)

304.山本衛, 齊藤昭則, 大塚雄一, 横山竜宏, 山本真行, 阿部琢美, 羽生宏人, 渡部重十, R. F. Pfaff, M. F. Larsen, ロケット・地上複合観測による中緯度電離圏波動の生成機構の研究、 日本地球惑星科学連合2011年大会 千葉市 (2011)

305.坂野井健, 山崎敦, 秋谷祐亮, 大塚雄一, 阿部琢美, 鈴木睦, 齊藤昭則, ISS-IMAP 搭載VISI による大気光観測:開発の現状と観測シミュレーション(4)、 日本地球惑星科学連合2011年大会 千葉市 (2011)

306.山本真行, 渡部重十, 阿部琢美, 山本衛, Larsen Miguel, 羽生宏人, ロケット放出リチウムによる中性大気風プロファイル計測と問題点、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第130回講演会 神戸市 (2011)

307.森永隆稔, 山本真行, 小松孝康, 古本淳一, 石原吉明,阿部琢美, S-310-41号ロケット搭載音波送受信機器による希薄大気中音波伝搬特性計測実験、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第130回講演会 神戸市 (2011)

308.小松孝康, 山本真行, 石原吉明, 平松良浩, 森永隆稔,阿部琢美, S-520-26号ロケット(WIND-2実験)を波源としたインフラサウンド到来方向探知実験、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第130回講演会 神戸市 (2011)

309.山本衛, 阿部琢美, 渡部重十, 齊藤昭則, 大塚雄一, 横山竜宏, 山本真行, Bernhardt Paul A., Larsen Miguel, Pfaff Robert F., ロケットと地上からの複合観測による中緯度電離圏の観測、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第130回講演会 神戸市 (2011)

310.須田康介, 石坂圭吾, 渡部重十, 小野高幸, 熊本篤志,阿部琢美, 芦原佑樹, S-520-26号機による電離圏中の電場観測、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第130回講演会 神戸市 (2011)

311.深澤達也, 石坂圭吾, 芦原佑樹, 阿部琢美, 三宅壮聡, S-310-40号機観測ロケットによる電離圏下部領域の電子密度構造の観測計画、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第130回講演会 神戸市 (2011)

312.齊藤昭則, 山崎敦, 坂野井健, 吉川一朗, 阿部琢美,大塚雄一, 田口真, 鈴木睦, 菊池雅行, 中村卓司, 山本衛, 河野英昭, 石井守, 坂野井和代, 藤原均, 久保田実, 江尻省, IMAPワーキンググループ, 地球超高層大気撮像観測ミッションISS-IMAPの現状と今後、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第130回講演会 神戸市 (2011)

313.森野直樹, 石坂圭吾, 北村成寿, 新堀淳樹, 小野高幸, 熊本篤志, 西村幸敏, 松岡彩子, 阿部琢美, あけぼの衛星により観測された衛星電位、電子密度特性の調査、 地球電磁気・地球惑星圏学会 第130回講演会 神戸市 (2011)

314.Takumi Abe, Joran Moen, ロケット、地上光学、EISCAT、SuperDARN 観測によるFAI共同研究について、 SuperDARN研究集会 立川市 (2011)

315.阿部琢美、田中孝治、牧謙一郎、佐々木進、SPS小型衛星ワーキンググループ、 太陽発電衛星(SPS)理学ミッション(マイクロ波と電離層の相互作用)の検討状況、 第2回 小型科学衛星シンポジウム 相模原市 (2012)

316.阿部琢美, 惑星大気散逸の測定方法概要と今後の発展性について、 CPS研究会「火星研究の現状と将来展望」 神戸市 (2012)

317.阿部琢美, Japanese Sounding Rocket Activity in Scandinavia, NIPR symposium on conjugate aurora and SuperDARN - past, present and future 立川市 (2012)

318.阿部琢美, 観測ロケット310-40 号機・S-520-26 号機搭載FLP・FBP の較正試験、 スペースプラズマ研究会 相模原市 (2012)

319.森永隆稔,山本真行,阿部琢美, S-310-41 号搭載音波伝搬計測装置PDI の開発、 スペースプラズマ研究会 相模原市 (2012)

320.石坂圭吾、深澤達也、阿部琢美, 北野谷有吾、井口恭介、熊本篤志, 遠藤研, S-310-40 号機による夜間中緯度電離圏領域における電波伝搬解析、 大気圏シンポジウム 相模原市 (2012)

321.齊藤昭則,山崎敦,阿部琢美,鈴木睦, 坂野井健, 吉川一朗,大塚雄一,藤原均, 田口真, 山本衛,中村卓司,江尻省, 菊池雅行,河野英昭,Huixin Liu,石井守,久保田実,津川卓也,星野尾一明,坂野井和代, 国際宇宙ステーションからの地球超高層大気撮像観測ISS-IMAP ミッションの現状、 第12回宇宙科学シンポジウム 相模原市 (2012)

321.齋藤義文,阿部琢美,横田勝一郎,浅村和史,笠原慧,平原聖文, ノルウェーの観測ロケット実験ICI-3 への観測装置の搭載、 第12回宇宙科学シンポジウム 相模原市 (2012)

322.松岡彩子,阿部琢美,関華奈子,寺田直樹,石坂圭吾,熊本篤志,栗原純一,田口真,二穴喜文,八木谷聡,山崎敦,横田勝一郎,火星大気散逸観測オービター検討グループ、 火星大気散逸観測オービター計画の検討、第12回宇宙科学シンポジウム 相模原市 (2012)