ロケットグループ ホームページ



 観測ロケットに搭載する測定器を開発し、ロケット実験で得られた観測データを解析することで、超高層大気の研究を行っています。

 以下では、近年のロケット観測について、概要とデータを公開中です。

S-310-29号機
(2000年1月10日打上げ)

大気光波状構造キャンペーン(WAVE2000)

S-310-30号機
(2002年2月6日打上げ)

下部熱圏の熱収支と力学の観測



back to "Science of the Earth's Upper Atmosphere"
「地球超高層大気の研究」に戻る